君野康弘被告に死刑判決!神戸小1女児殺害!

Related Posts (YARPP)

先ほど速報で

神戸市長田区で2014年9月小学1年女児

(当時6歳)が殺害された事件で

殺人と死体損壊・遺棄

そして

わいせつ目的誘拐の罪に問われた無職の

君野康弘被告(49歳)の

裁判員裁判の判決が18日

神戸地裁であり

佐茂剛裁判長は死刑を言い渡しました!

君野康弘被告はどんな人物だったのか?

鹿児島県南九州市出身で

県立鹿児島水産高校卒業です。

22歳頃から2年間

九州の陸上自衛隊に勤務し

その後は鹿児島市で食品メーカーの配送

風俗のチラシ配り

パチンコ店の仕事等を転々としていました。

鹿児島では祖母と2人暮らしで

2008年頃には大阪市西成区に住み始めます。

その後は、突然と指定暴力団傘下組織の組員になり

神戸市兵庫区に転居

今度は風俗店で働きます。

2011年頃は刑事事件を起こして服役し

13年5月出所し生活保護を受給します。

この神戸小1女児殺害の詳細

この事件は

神戸市長田区で昨年9月11日

市立名倉小1年の女児が学校から帰宅し

遊びに出たまま行方不明となり

同月23日

自宅近くの草むらで遺体で見つかったという事件です。

兵庫県警は翌24日

死体遺棄容疑で現場近くに住む無職

君野康弘被告を逮捕。

精神鑑定を経て今年1月

殺人罪などで起訴されました。

容疑者宅から被害者の血液反応があり

さらに被害者が持っていたリュックサックも発見されています。

そしてDNA型鑑定で、この女児のものと確認されました。

君野康弘被告は

逮捕時から一貫して黙秘し

動機や被害者との接点等

真相は何も分かっていないという事件です。

この被害者が通っていた小学校でも

未だに事件の影響は続いていおり

大きな不安が残っています。