国交省職員不祥事!2年半で6人が死亡したと嘘の申請

Related Posts (YARPP)

国交省職員が不祥事を起こしました。

その、不祥事の内容とは

2年半でなんとこの

国交省職員の親族合計6人が死亡したと

偽の申請をして忌引を取得したということです!

国土交通省は25日に

航空局に所属する30代の男性職員を

減給3カ月の懲戒処分にしました。

これに対して、この国交省職員は「体調を崩したので休みたかった」と認めているといいます。

国交省航空局によると

男性職員は平成25年4月~27年10月

親族計6人が死亡したとして

なんと6回にわたり計8日間の忌引を取得したそうです。

祖母1人と叔父3人

叔母2人が死亡したと申請していたが

実際には生存していました。

この事件がなぜ発覚したこというと、

27年11月に職員の家族から

休暇に関する問い合わせが職場にあり発覚!

本人に確認したところ

あっさりと虚偽申請を認めたようです。

「体調を崩したため」と理由を説明していましたが

有給休暇は残っていたといいます。

非常に腹立たしいニュースで、呆れてしまいます。