22日午前1時35分頃に

川崎市中原区の4階建て社宅1階で

「ガスが出て、風呂場で娘が倒れている。父親が様子を見ている」

と母親(52)から119番がありました。

消防隊員らが駆け付けると

浴室の洗い場に長女(22歳)

脱衣所に父親(55歳)が倒れており

間もなく死亡が確認されたということです。

 

市消防局によると

浴室内から高濃度の硫化水素が検知されました。

一家は4人暮らしで母親と長男(23歳)も

硫化水素中毒の疑いで病院に搬送されましたが

命に別条はないという。

中原署は長女が自殺を図ったとみて調べています。

ツイッター上でのコメントは

家族のいる所で決行ってスゲーな@notley3379

最悪や@goomagu

やめよう硫化水素自殺@vourja

れ、社宅っていう時に会社名出るケースと出ないケースが報道であったりする気がするんだけど、広報の力次第なのか?@k1numata

硫化水素は装備無しで助けに行けない。救助を行う者まで巻き込まれる。@nosmokerider

硫化水素自殺はダメだって…いや自殺がアカンのだけど、他人を巻き込む可能性が高いから…@aru_niioka