北朝鮮弾道ミサイルの重さは200kg!ICBM(大陸間弾道ミサイル)とは?打ち上げの動画も!

Related Posts (YARPP)

北朝鮮がミサイルに搭載したとする衛星の重さは

200kgと推定していることが

韓国の国家情報院から報告されました!

北朝鮮が主張しているように

科学目的の場合は800~1,500kgにになるはずなので

今回発射したのは弾道ミサイルであるとの分析結果が出ているようです!

そして、前回北朝鮮が

2012年に打ち上げたものより性能が向上し

ICBM並みの技術を確保しているとの分析結果も出たようです!

さて、このニュースの報道で

「ICBM並みの技術を確保している」

との報道がありましたが

ICBMがそもそも何なのか分からないという方も多いと思いますので

今回はICBMとは何だという疑問にお答えしたいと思います!

ICBMとは

ICBMは日本語で

大陸間弾道ミサイルと呼ばれています。

このICBMは”intercontinental ballistic missile”の略です。

ICBMは射程圏内が非常に広範囲のミサイルで

北アメリカ大陸とユーラシア大陸間など

大洋に隔てられた大陸間でも飛ぶことの出来る弾道ミサイルです。

ICBMは戦略兵器制限条約により

「射程圏内区域が5,500km以上のもの」

と定義づけられています。

ICBMの動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA