黒の斜面檀れい内山理名が出演者として登場!あらすじ、ネタバレ、キャストは誰?

2016年1月24日のドラマスペシャル

黒の斜面に檀れいさんや

内山理名さんが登場ということで

ネット上やテレビ欄ではかなり話題になっています!

まず始めに

黒の斜面のあらすじやネタバレを紹介します!

スポンサーリンク

ネタバレや番組の内容!

さて、楽しみにしている方も多い

黒の斜面!今回は番組の内容となる

ネタバレを紹介します!!

 神奈川・葉山の海岸沿いの家で、大手建設会社勤務の夫・辻井高史(原田泰造)と2人で暮らす、妻の圭子(檀れい)。結婚して10年になる2人だが、高史が圭子の誕生日にブルーサファイアのペンダントをプレゼントするほど夫婦仲はよく、周囲から理想の夫婦と思われていた。

ある日、圭子には見覚えのない紫色のキャリーバッグを持って、高史が帰宅。普段は優しい高史だが、いつになくピリピリした様子で、「熊本出張に持っていく会社の極秘書類が入っているから、キャリーバッグには絶対に触るな」と圭子に告げる。 高史は急遽その日の最終便で現地に向かうことになった。だが別れ際に圭子は、紫のキャリーバッグの中に一万円の札束が大量に詰まっているのを、偶然目にしてしまう。圭子は不吉な予感に襲われながらも、その大金について問いただすことができないまま、高史を見送った。

羽田空港に到着した高史は、思わぬ人物に声をかけられる。先日、電話で別れを告げたはずの不倫相手・川上妙子(内山理名)が待ち伏せしていたのだ。

「奥さんにすべてばらす」と妙子に脅された高史は、同僚の清水吉郎(牧田哲也)一人を最終便で先に行かせ、自分はひと晩、妙子の部屋に泊まってから、明朝の便で追いかけることにする。そして高史は余ったチケットを、婚約者の待つ熊本にどうしても行きたいと懇願する若い男・田島誠一(金子貴俊)に譲った。

ところが、高史が乗る予定だった最終便が離陸直後に墜落! 高史がシャワーを浴びている最中にそれを知った妙子は、様々な細工を施し、高史にその事実を隠すことを決意する。

墜落事故からしばらく経って、その報せをようやく妙子から聞かされた高史はがく然! しかも、生存が絶望視されている搭乗者リストの中には、高史の名前が載っていた。どうやらチケットを譲った田島が、名義変更をせずに乗ったようだ。

あわてて圭子や会社に連絡しようとする高史。だが妙子は「今さらのこのこ出て行って、この状況をどう説明するつもり?」と平然と告げる。

一方、突然の事態に動揺する圭子に追い打ちをかけるように、高史の上司・外山光司(渡辺いっけい)が、高史に関するある疑惑を打ち明けた。高史は熊本の大物議員を買収するため、経理部の女性社員・羽田美雪(遠藤久美子)が横領した1億円を紫色のキャリーバックに入れ、出張前に会社から密かに持ち出したようだ、と外山は圭子に言う。

だが圭子はその後、山名ひとみ(北原里英)と出会ったことで、高史の死に疑問を抱きはじめる。ひとみによると、彼女の婚約者・田島は熊本行き最終便が飛び立つ直前、電話で「“ツジイタカシ”という人にチケットを譲ってもらった」と話していたという。

高史は事故機に乗っていなかった…!? だとしたら生きているはずなのに、なぜ連絡してこないのか…!? 圭子の中で夫に対する“黒い疑念”がわき上がってきて…!?  その頃、墜落現場近くの海岸で、美雪の絞殺死体が見つかっていた――。同じ会社で働く人間がほぼ同時に空と陸で死を遂げたことに、本間刑事(佐野史郎)は不審を抱くが…!?

http://www.tv-asahi.co.jp/kuronoshamen/#story_ttl

飛行機とともに消えた夫に

1億円横領と殺人容疑が

発生するノンストップ・サスペンスです。

最初から最後まで、緊張しながら見ることが出来きる

ドラマスペシャルです!

キャストは?

辻井圭子(つじい・けいこ)(39)………檀 れい
川上妙子(かわかみ・たえこ)(29)………内山理名
辻井高史(つじい・たかし)(42)………原田泰造
外山光司(とやま・こうじ) ………渡辺いっけい
羽田美雪(はた・みゆき)(35)………遠藤久美子
本間(ほんま)刑事………佐野史郎

 

黒の斜面のツイッターでのつぶやきまとめ!