政府は9日

世界文化遺産登録を目指していた

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎、熊本)

の推薦を一時取り下げることを閣議了解しました。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関

の国際記念物遺跡会議が

推薦内容を見直すよう指摘したのを受け

今年の登録を断念しました。

長崎、熊本両県が3月末までに

推薦書原案を文化庁に再提出すれば

2018年の登録を目指すことができるものの

見直しには時間がかかるとみられ

19年以降に回る可能性が高まったそうです。

世界文化遺産に推薦できるのは1国につき年1件で

来年の審査には福岡県の古代遺跡

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を推薦済みです!

スポンサーリンク

長崎教会群とキリスト教関連遺産の画像!

閣議了解される前に書いた記事で

長崎教会群とキリスト教関連遺産の

画像まとめをしていますので

ぜひご覧下さい!!

長崎教会群世界遺産登録取り下げ!推薦書の不備で次は2018以降に!画像まとめ!ツイッターの反応!