長崎教会群世界遺産登録取り下げ!推薦書の不備で次は2018以降に!画像まとめ!ツイッターの反応!

Related Posts (YARPP)

今夏の世界文化遺産登録を目指していた

長崎の熊本両県にある「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について

政府が推薦をいったん取り下げる方向で検討しているとの情報が入りました!

もしも、政府が

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」取り下げを行った場合は

次に審査されるのは2018年以降になってしまうという見通しが出ています!

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から推薦書の不備を指摘され、禁教などを中心とした内容に見直すよう求められたということです。
ユネスコ諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)の諮問機関は昨年の秋、現地調査を実施し

2016年年5月ごろに登録が可能かどうかを決め、7月のユネスコ世界遺産委員会で審査される予定でしたが推薦書について複数の指摘があり、改訂を勧める中間報告が届いたそうです。
政府の推薦書はキリスト教伝来後の文化交流や、禁教を乗り越え発展させた現在まで、一連の歴史的価値を訴えていたそうです。

しかし、ユネスコ諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)は徳川幕府による250年の禁教を経て復活を遂げたところに焦点を当てて構成する資産や価値の説明を整理すべきではないかと提案しました。

このままでは登録が認められずに今年の審査に間に合わない可能性が高いとのことです。

 長崎の教会群とキリスト教関連遺産の画像まとめ

またしても教会。。#長崎 #大浦天主堂 #長崎の教会群とキリスト教関連遺産 #旅

mikaさん(@puppuni)が投稿した写真 –

#skrwt #長崎の教会群とキリスト教関連遺産 #田平天主堂

ヨウスケさん(@yousuke0623)が投稿した写真 –

ツイッターでみんなの意見や反応は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA