小田原市酒匂4丁目の海岸にマッコウクジラが打ち上げられているを発見!

Related Posts (YARPP)

2016年2月13日午後1時半すぎに

神奈川小田原市の海岸にマッコウクジラが

打ち上げられているのが見つかりました!

全長は、およそ15メートルに及ぶが

尾ひれは波に揺られて傷付けれているそうです。

関係者によると

「何か人工的なもので傷ついたとしか考えられない」

ということで

2月6日に静岡県の伊東沖で

高速ジェット船と衝突した可能性があるといいます。

海上保安部などによると、マッコウクジラは

10日に神奈川三浦市の沖合を漂流しているのが

確認されています。

マッコウクジラとは?

今回のニュースでは

15メートルも及ぶ巨大な体をしている

マッコウクジラ。

ハクジラ類の中で最も大きく

歯のある動物では世界最大です。

巨大な頭部形状が特徴的で

標準的なオスの体長は約16- 18mあり

メスの約12- 14mと比べて30-50%も大きいです。

体重はオス50t に対しメス25t と

オスとメスではかなり体の大きさに

違いがあるようです。

ほぼ 2倍の体重の違いがあります!

成長したオスには

体長が20mを越えるものもいるそうです。

この巨体のマッコウクジラは

餌を食べる量も半端ではありません。

年間で9千万トンから 2億2千8百万トンと

推計されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA