宮崎大医学部男性教員がインサイダー取引!

宮崎大学(宮崎市)は26日

点眼薬の治験契約をしていた

製薬会社から得た情報を悪用して

インサイダー取引をしたとして

医学部の男性教員を

同日付で停職3カ月の処分にしたと発表しました!

大学によると教員は医師で

製薬会社が医学部に依頼していた

点眼薬の治験チームのリーダーだったそうです!

昨年3月9日、「治験を中止する」という会社からの

連絡を受けた教員は

会社の正式発表前に

同社の800株を空売りして約60万円の利益を得ました!

証券取引等監視委員会が昨年11月

金融商品取引法に違反したとして

教員に対し課徴金60万円の納付を命じるよう

金融庁に勧告教員は医学部の調査に

「インサイダー取引にあたるとは知らず、軽はずみな行為だった」

と話しているといいます。

スポンサーリンク

果たして誰なのか?

残念ながら

宮崎大学は

教員の名前などの詳細情報は

公表していないとのことです。

今後ツイッターなどで

情報が出ましたら

更新していきます!!