RSIでFXスキャルピング手法!自作インジケーター付き!

スキャルピングとは?

そもそも、スキャルピングとは、短時間に多くの売買を行い着々と利益を増やしていくというトレードスタイルですが、毎回のスプレッドなどのコストがかかり、素早い判断能力が必要な為、初心者向きでは有りませんが、少額の資金でも効率よく行えば、短期間で一気に資金を増加させる事が出来るので、スキャルピングを好んでするトレーダーは後をたちません。

実際、スキャルピングで小額の資金からスタートし、投資資金を何百倍にも増やしているトレーダーは多く存在しています。

今回はスキャルピングについて紹介すると共に、比較的スキャルピングとの相性が良いRSIを使ったスキャルピングの手法と、その際に便利な自作したインジケーターを提供したいと思います。

検証を行い、自分なにりカスタマイズして色々と試行錯誤して見て下さい。

RSIを使ったスキャルピング手法

RSIは80を超えたら買われ過ぎのサイン、20を下回ったら売られ過ぎのサインとして知られています。

(もしくは70を超えたら買われ過ぎ、30を下回ったら売られ過ぎと言う人もいますが、使う人によって様々です。)

RSIは売買のポイントが何処なのか見やすく、多くの投資家も愛用しているインジケーターです。

RSIを使った基礎的なスキャルピング手法は1分足や5分足で買われ過ぎ、売られ過ぎによる反発を狙った手法で

・買われ過ぎのサインが出たら売り

・売られ過ぎのサインが出たら買い

といった具合に売買をしていく手法です。

上記の画像は、例として分かりやすい市場の場面をピックアップしたので、

(RSIの売られ過ぎ、買われ過ぎによる売買シグナルが機能している場面)

画像を見ただけでは、RSIだけで勝てるのでは?と思ってしまいがちですが、もちろん、このロジックだけで勝ち続ける事は残念ながら出来ません。笑

実際の相場では、騙しと呼ばれる現象が多く存在し、この売りサインや買いサインが機能しない場面が多々有ります。

実際に、どのような時なのか実際に紹介致します。

上記の相場ではRSIが80を超えて、買われ過ぎのサインが出ています。セオリー通りにいくと、ここは売りサインが出ている場面ですが、結局騙しとなって、機能しませんでした。

以下の場面はRSIが20を下回り、売られ過ぎのサインが出ています。これもセオリー通りにいくと、ここは買いサインが出ている場面ですが、騙しとなり、機能しませんでした。

この様に、俗に言われているRSIの売買サインだけでは、物足りず工夫が必要です。

RSIとボリージャンバンドを組み合わせた手法

さて、先ほどRSIだけでは手法にならず何か工夫が必要と説明いたしました。

今回は、RSIの騙しを更に無くすためにボリージャンバンドを使います。

この二つを組み合わせる事によりより精度が高い手法へ変ります。

まず、インジケーターの準備をします。使うインジケーターは以下になります。

「ボリンジャーバンド」

・期間…20

・偏差…2

「RSI」

・期間…10(一般的に用いられている設定は14ですが、10を使う事によってより感度が高くなり、エントリーポイントを増やします。)

準備が出来たら、売りと買いのルールを紹介します。自分なりの検証を行い自分なりの取引ルールを作って下さい。

(今回行ったインジケータのセットアップは、後にテンプレートファイルとして提供いたします。)

買いの条件

1.価格がボリンジャーバンドの一番下のラインと真ん中のラインの間にある。

(ボリンジャーバンドの下のラインを超えているときは、売られ過ぎと言われるエリアですが、逆に売りの勢力が強いと、そのまま下落していく事が多いので、価格が一番下のラインと真ん中のラインに挟まれている時にしています。)

2.RSIが一度20のラインを下回ってから、20のラインを上回る

売りの条件

1.価格がボリンジャーバンドの一番上のラインと真ん中のラインの間にある。

(ボリンジャーバンドの上のラインを超えているときは、買われ過ぎと言われるエリアですが、逆に買いの勢力が強いと、そのまま上昇していく事が多いので、価格が一番上のラインと真ん中のラインに挟まれている時にしています。)

2.RSIが一度80のラインを超えてから、80のラインを下回る

取引する時間足は5分足〜15分足がお勧めです。

自分のトレード戦略にこの手法を加えるなり、この手法を検証してもっと強力な手法に変えていくなりしてください。

何らかのプラスになればと思います。

この手法のテンプレートファイルは以下でダウンロード出来ます。

ダウンロード

解凍する際のパスワードは「iduoas」です。

自作インジケーター

今回紹介したRSIとボリンジャーバンドを組み合わせた手法で、それぞれ買いと売りの条件が揃った時に、

チャート上にサインを出す自作インジケーターを提供いたします。

条件が揃うと、以下の様にチャート上にサインが出ます。

買いサインは、↑の矢印マークが出現し、売りのサインは↓の矢印マークが出現する様になっています。

自作したインジケーターのダウンロードは以下になります。

ダウンロード

解凍する際のパスワードは「9fhjkfdje」になります。

よろしければシェアをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。