今日心不全で亡くなった有沢比呂子さんの死因の心不全とは?

心不全

本日お亡くなりになられた有沢比呂子さん。43歳という若さで心不全で急死されました。

以下の記事をご覧ください!

有沢比呂子心不全の死因はストレスか?食生活や生活習慣は?

さて、今回は心不全とは一体なんなのか?そして、心不全を探ることによって、本日お亡くなりになられた有沢比呂子さんをもっと知る機会になるのではないでしょうか。

今回は簡単にわかりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

有沢比呂子さんを襲った心不全とは?

心不全とは、心臓の血液などを循環させるポンプの働きが低下して、全身に血液を送ることができなくなってしまう状態のことを指すそうです。

心不全になってしまうと、心臓だけではなく、全身の様々な部分に悪い症状が出てしまいます。非常に怖い病気なのです。

心不全の症状

主な症状として、むくみを発症したり、疲労感や息切れが発症するということです。 疲労感や倦怠感を感じるのは、心臓の機能が弱まって全身の筋肉に十分な量の血液が運べなくなってしまうからだそうです。

急性心不全で亡くなった有沢比呂子さんの死因とは?

ニュースなどでは、心不全のため急死だったと伝えられています。

心不全の分類 とそれぞれの特徴

分類 状態 特徴
慢性心不全 状態が安定している
  • 徐々にあらわれ、長期間持続する
  • 高血圧、心臓弁膜症、肥満などが原因であることが多い
急性心不全 状態が急激に悪化する
  • 過労、ストレス、他の病気(心筋梗塞等)などが引き金になることがある
  • 突然死の原因になることもある

引用 http://e-chiken.com/shikkan/naika/sinhuzen/

有沢比呂子さんは「半七捕物帳」「銭形平次」「暴れん坊将軍」「水戸黄門」などの時代劇や「相棒」、2時間サスペンスドラマなどに出演に多忙な日々を過ごしていました。

やはり、有沢比呂子さんの死因は過労やストレスが引き金になっていると考えます。