笑福亭笑瓶の胸の痛みの原因を探ってみる!病名を予想!急性心筋梗塞か?

先ほど、入ってきたニュースで

笑福亭笑瓶さんが胸の痛みを訴えて

ヘリコプターで病院へ緊急搬送されたという

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

ゴルフのプレイ中に胸の痛みを訴えたと報道されており、

笑福亭笑瓶さんに何が起きたのか心配です!

ヘリコプターで搬送したくらいですから

おそらく耐えられないほどの痛みだったのでしょう。

今回は、笑福亭笑瓶さんの体に何が起こったのか

予想して見たいと思います!

 

スポンサーリンク

激しい胸の痛みが起きた時の病名は?

激しい胸の痛みが起きた時の病名を探っていきたいと思います。

激しい胸の痛みを感じた時は、特に注意が必要なようです。

笑福亭笑瓶さんの場合は、緊急搬送されたぐらいですから

命の危険も考えられると思います。とても心配です。

今後の笑福亭笑瓶さんのニュースにも注目していきたいと思います。

 

胸の痛みは、さまざまな症状のなかで命に関係する病気が最も多く含まれています。もちろん、激しい痛みが起こったなら、ただちに病院へ行かなければなりませんが、一方、心臓や肺などに重大な異常がなくても出現する胸痛も多く、胸痛は怖いという不安感から必要以上に心配し、かえって症状が強くなることもあります。

http://medical.itp.ne.jp/byouki/shoujou/mune-itai/

そして、今回笑福亭笑瓶さんが訴えた

激しい胸の痛みから、以下のような病気が考えられると思います。

突然の胸痛 胸が締めつけられるような痛みが15分以内、上腹部・背部痛 狭心症
狭心症より激しい胸痛が30分以上、呼吸困難、意識障害 急性心筋梗塞
背部痛、手足の痛み 大動脈解離
呼吸困難、めまい、失神 肺動脈血栓塞栓症

http://medical.itp.ne.jp/byouki/shoujou/mune-itai/

ところで、笑福亭笑瓶さんは

最近TVに頻繁に姿を見せないことから

病気をしたのでは?という噂も立っていました。

番組の企画で笑福亭笑瓶さんの体をチェックしたところ、

軽度な病気が見つかったこともありました。

1956年11月7日生まれの現在59歳ということもあり、

体の方も気をつけなくてはならない年頃です。

さて、本題の笑福亭笑瓶さんの病気を予想してみることに

戻りましょう!

ニュースでは、激しい胸の痛みということなので

狭心症か急性心筋梗塞の可能性が高いです。

しかし、狭心症は急性心筋梗塞に比べて、痛みの度合いが弱いそうです。

狭心症の症状として、強い痛みを伴うものから違和感程度のものまであります。

しかし、今回の笑福亭笑瓶さんのケースでは

ヘリコプターを呼ぶくらいですから、尋常ではない痛みがあったと考えられます。

ですので、

今回の笑福亭さんの病名は急性心筋梗塞の可能性が大だと思います。

もし、鶴瓶さんが急性心筋梗塞だったら?

もし、鶴瓶さんがの病名が急性心筋梗塞だったらどうなるのでしょうか?

まず、はじめに急性心筋梗塞がどういう病気なのか…

 

急性心筋梗塞は心臓に栄養を送る血管(冠動脈)が突然つまる病気。およそ3人に1人では、全く前兆(狭心症)なしに発症します。突然死の原因にもなりますので、その症状を知り、初期の対応を誤らないことが大切です。

突然生じた激しい胸痛が15分以上続く場合は、「急性心筋梗塞」の可能性があります。

http://www.csnt.co.jp/health/det/100701/

 

すぐに近くにいる誰かに症状を伝え、必ず救急車を呼んでもらいます。可能なら自ら119番コールをしてください。心筋梗塞の初期には「心室細動(しんしつさいどう)」といった危険な不整脈が起りやすくなっています。不整脈のために意識を失うことがありますので、自分で車を運転して病院に向かうのはたいへん危険です。多くの救急車内には心室細動を止める器械(AED)が備え付けられています。

http://www.csnt.co.jp/health/det/100701/

3人に1人が全く前兆がなく、突然激しい胸の痛みが起きるそうです。

さらに、救急車を直ちに呼ぶレベルです。

意識を失う危険性もあるとのことなので、相当心配です。

もし、この急性心筋梗塞だった場合の今後の治療法などは

どういったものなのでしょうか?

急性心筋梗塞の治療は一般的治療と特殊治療に分けられます。

一般的治療として数日間の安静・絶食、鎮痛薬、安定薬の投与、酸素吸入が必要です。

http://www.csnt.co.jp/health/det/100701/

もし、鶴瓶さんの症状がそこまで深刻でなければ

この一般治療が適用されると思います。

数日間の安静や絶食とあります。

絶食??

治療中は何も食べられないのでしょうか…

一般治療をすることになっても

かなり、これからしんどい入院生活になることが予想されますね。

ニュースでは、こう伝えられていますので、特殊治療にはならなそうな気がします。

意識ははっきりしており、会話もできる状態で、入院して精密検査を受けるという。同事務所は「大事には至ってません」とコメント。持病はなかったとみられる。

http://news.livedoor.com/article/detail/11011279/

意識もはっきりしていて

大事には至っていないということなので、安心ですね。

いつ何が起きるか分からない病気ですので

皆さんもお体には注意してください!

最後に、元気だった時の笑福亭笑瓶さんがガキ使に出演した時の動画を

ご覧いただきたいと思います!

ガキ使 笑瓶 最終オーディション