渋谷や新宿などの都心では

最近はかなり多くの外国人の方を

街中で見かけます!

日本を訪れる外国人に

快適にインターネット環境を利用してもらおうと

成田空港ではいまの

なんと10倍以上の

高速通信ができる

次世代無線LAN「WiGig」

の実証実験が始まったとのニュースが

入りました!

2020年の

東京オリンピック・パラリンピックに向けて

成田空港では

無線LANの利便性を向上させようと

次世代無線LAN「WiGig」

のスポット実証実験が

18日から始まりました。

第2ターミナルの出発ロビーに設置されたスポットでは

専用端末を使って日本の「おもてなし」をテーマにした

映像をダウンロードする体験が出来るとのことです!

電波

スポンサーリンク

WiGigとは

この次世代無線LAN「WiGig」は

現在よりも10倍以上の高速通信を実現でき

120分の動画を

なんと10秒ほどで

ダウンロードすることが出来ます!

映画をたった10秒でダウンロード出来ることになります。

これが見事に実現できれば

かなり話題になると思います!

WiGigは

2009年12月に

最初の正式仕様が決まりました。

業界団体が主導する

短距離高速デジタル無線伝送用の

世界的な規格です!

WiGigは従来の無線通信方式に

比べて通信可能な距離は

かなり短い10mほどですが

HDTV動画の実時間での

非圧縮伝送が可能な

大容量・高速通信が特長だそうです!!

今後のWiGigの発展が楽しみです!